> > ネット広告費の高騰を解決する方法

  • ネット広告が高騰しても、競争が激化しても継続して黒字を出せる会社があるんです。
  • ネット広告費の高騰を解決する方法
  • pdf資料
無料ダウンロード

ネット広告が高騰しても、競争が激化しても継続して黒字を出せる会社があるんです。

ネット広告費の高騰を解決する方法

ネット広告の費用が高騰し、広告投資が合わなくなっていませんか?
実はそのような話が最近多く聞かれるようになりました。

お客様からお聞きする問題点としては、このような内容です。
・大企業がネット広告に参入してきた
・ある日ネット広告が消えた
・自社でネット広告管理をしていたが担当者がやめた
・Facebookやインスタグラム、ついていけない
・ネット広告管理をネット広告代理店に依頼していたがコストが合わない

このままネット広告だけに頼ると・・・

  • 大手が参入すると、資本・知識・人員で勝てない
  • ネットでの集客の難易度が上がり、顧客獲得金額が上昇
  • Google、Yahoo、Facebookの方針により、広告掲載ができなくなる可能性がある
  • 常に新しい技術を勉強し続ける必要がある
  • 参入障壁が低いのですぐにマネされる
  • うまくいっても長続きできない
  • 若い新しい人がどんどん参入してくる
  • ネット広告専門会社に依頼しても採算が合わない
  • 新規獲得ができなくなる

クリック単価が高騰しても大企業参入でもネット広告が出せる会社

実は、こんな状況でもネット広告が出せる会社があるのです。
ネット社会では考えられない小さな、すごい会社です。

そのすごい会社の扱い商品の環境は?

大企業も参入してきました。楽天でもたくさんの会社が競っています。値下げ競争が激化しています。
特別な商品を扱っているわけではありません。SEOでは類似の会社であふれています。PPC広告が高騰しています。

しかし、この会社は利益を出し続けています。

継続黒字の6つの理由
  1. ○○できない集客方法がある

  2. ○○を変えている

  3. ○○方法を変えている

  4. お客様との○○している

  5. 今は○○や○○に出店していない

  6. ネット広告にかけられるCV単価が他社より高くできる

ライバルに真似されずに長く利益を出すためには関係性を強くすること。
具体的には、ニュースレターを毎月送ることです。

もしニュースレターで成功すると

  • 真似されることがないので長く効果が出る
  • 新しい技術を勉強し続ける必要がない
  • 一度成功するとDMやニュースレターを辞めることができなくなる
  • 1件当たりのネット広告顧客獲得コストを高くできる
  • 他にやっている人が少ないのでブルーオーシャンが続く
  • リピート率が上がる
  • 離脱率が下がる
  • LTVがあがりネット広告の顧客獲得単価をあげられる

ニュースレターを成功させるために

  • そんなに効果的なニュースレターがなぜ行われないのか?
  • 一番おすすめのニュースレターの種類は?
  • ニュースレター効果をさらに上げる方法

ダウンロードフォーム

詳細は、無料PDF資料でご確認ください。
フォームにご入力後、資料がダウンロードできます。

御社名必須
必須
必須
ご連絡の取れるメールアドレス必須
会社の電話番号必須
オファー4:ネット広告費の高騰を解決する方法

【個人情報の取り扱いについて】

当社では、個人情報を厳重に管理するために、以下の内容を実施します。

1.個人情報は、当社個人情報保護マニュアルに従って適正に管理します。

2.個人情報は、以下の目的で使用いたします。
(1)お客様が当社サービスを利用になる場合の対応のため
(2)お客様へ提供するサービス等のアフターケア管理のため
(3)当社の営業に関するご案内・業務連絡・情報発信のため

3.個人情報は、処理のため当社の基準を満たす委託先に業務委託することがあります。なお、委託先以外の第三者に対しては個人情報を提供しません。

4.個人情報は、ご本人様確認の上、開示・訂正等を行います。なお、受託業務でお預かりする個人情報については、委託元に確認させて頂いた上で対応します。

5.お預かりした個人情報が不足する場合や誤っていた場合は、適切な対応ができないことがあります。

6.個人情報に関するご相談・苦情については、以下の連絡先までお申し出ください。

<連絡先>株式会社メディアボックス 管理責任者

〒470-0164
愛知県愛知郡東郷町三ツ池4-5-2
TEL.0561-37-2027/FAX.0561-37-1811

<認定個人情報保護団体の名称および苦情処理相談窓口>

認定個人情報保護団体の名称: 一般財団法人日本情報経済社会推進協会

苦情の解決の申出先:個人情報保護苦情相談室

住所:〒106-0032 東京都港区六本木一丁目9番9号六本木ファーストビル内
電話番号:03-5860-7565/0120-700-779



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」