>

お客様様にご用意頂くのは宛名データと封入物だけ!御社ご担当者様の負担軽減に差が出る専任担当者制 進捗内容もメールします
A4ハガキ 料金表
A4圧着ハガキ 料金表

これまで全国5396社様のDM発送をお手伝いしました

おかげさまで、 これまで全国5396社様、通算26846件のDM発送をお手伝いさせていただきました。
ここでは、弊社お客様へのインタビュー記事をご紹介します。
ご発注の参考になれば幸いです。


発送費用を57%削減できた事例もございます

これまで多くの費用削減事例がございます。その一例をご紹介します。

DM代行発送例 東京都 通信販売会社:既存客へのカタログ配布 数量:15,379通 重量:530g 封入点数:2点 DM代行発送例 東京都 通信販売会社:既存客へのカタログ配布 数量:15,379通 重量:530g 封入点数:2点

50通~5万通のDM発送代行専門です
※5万通以上も複数回に分けていただければOKです

他社ではできない少部数や複雑な封入、複数パターン封入が行えます。
また時間を頂ければ3万件以上発送も格安にてお受けできます。

サイズ 以下の全ての条件を満たすものがお送りいただけます。
・3辺の合計が60cm以内
・最長辺34cm以内
・厚さ2cm以内
・重量1kg以下
※「縦11.5cm×横23cm」より大きなものを対象とします
封入点数 封筒に入るだけ
封入種類 可能な限りOK
複数種類の封入 可能な限りOK
取扱い種類 DM(ダイレクトメール)・ニュースレター・カタログ・CD・DVD・小冊子・ パンフレット・マニュアル・案内状・会員誌・学会誌・学校案内・刊行誌・資料・ 取扱説明書・就職案内・出版物・書籍・本・月刊誌・季刊誌・会報・イベント案内・ ガイドブック・ゴルフ案内・セミナー案内・定期発送物、その他 取扱い種類例
発送地域 東京、大阪、名古屋、神奈川他全国に配送可能
発送可能運送会社 ヤマト運輸:クロネコDM便、佐川急便:郵送 DM(郵便局が配達)
だから、複雑な作業ができる

基本パッケージには送料をはじめ以下全ての費用が含まれています。

送料(日本全国対応)、封入、封閉じ、宛名ラベル作成、宛名ラベル貼り、発送

よく利用されるオプション

  • A4 A3 B5 B4印刷、封筒印刷OK

    A4 A3 B5 B4印刷、封筒印刷OK

  • A4透明封筒@4円、その他封筒格安

    A4透明封筒@4円、その他封筒格安

  • A4ハガキ、A4圧着ハガキ印刷発送格安

    A4ハガキ、A4圧着ハガキ印刷発送格安

サービス一覧・価格表はこちら

取引実績

当社のこれまでの取引実績を紹介します。
一部上場51社を含め5396社と取引してまいりました。
日本全国さまざまな業種の会社様とご縁を頂けましたことスタッフ一同大変うれしく思っています。
こちらではそのうちごく一部の会社様をご紹介いたします。
皆様のおかげでご紹介での縁も増えました。ありがとうございます。

取引実績会社一覧

※個人のお客様からお受けすることもできます。

弊社は帝国データバンクと東京商工リサーチに決算書を提出しています。帝国データバンク企業コード:401570189 東京商工リサーチ 企業コード:401418880 弊社は帝国データバンクと東京商工リサーチに決算書を提出しています。帝国データバンク企業コード:401570189 東京商工リサーチ 企業コード:401418880

迅速・正確・確実にお届けするために

DM発送担当者様の心配事の中に下記の2つがあります。
・DMを全部発送してくれたのか
・届いているのか

メディアボックスでは発送代行担当者様に安心して頂くために
・発送証明書(運送会社への引渡書)
・追跡調査が出来るようにする
を無料サービスで行っています。

特徴1 発送数を証明する発送証明書(運送会社伝票コピー)をお送りしています。 特徴2 追跡調査を行うことができます。(クロネコDM便(旧メール便)のみ)
  • 専任担当者が付くので急な変更や問合せに迅速対応
  • 最低6回以上の進行状況をメールします
  • 同業他社、DM発送代行会社の下請けなし
  • 機械ではできない複雑な封入ができる
  • 発送確認ができる(発送伝票、追跡調査)
  • 価格が安い運送業者を使わない(ヤマト運輸と佐川急便使用)
  • 米国国家安全保障局(NSA)推奨基準で宛名データ削除

進行状況をメールでお知らせします

当社では、DM発送担当者様が進捗状況を常に把握できるように、
下記の内容を随時メールでお知らせしています。お客様に大変好評のサービスです。

  • 荷物の到着連絡

    荷物の到着連絡

  • 宛名データの受渡し連絡

    宛名データの受渡し連絡

  • 印刷データの受渡し連絡

    印刷データの受渡し連絡

  • 発送連絡、住所不明、返却連絡

    発送連絡、住所不明、返却連絡

  • 宛名データ削除連絡

    宛名データ削除連絡

  • 発送残部の処理方法連絡

    発送残部の処理方法連絡

  • その他

    その他にも必要に応じてメール連絡させていただいています

適正な低価格のための体制

DM発送代行専門会社であれば大量発送しますので、どのDM発送会社も大手運送会社へ支払う1通当たりの金額に差はほとんどありません。

運送料金以外に大きなコストは
・営業社員の人件費
・施設費(社屋や倉庫)
・機械(発送作業を合理化する機械)
・貸し倒れ引当金

BtoB取引の場合、通常営業社員がいます。
しかしメディアボックスではお客様に関係ない経費を削減するために営業社員を抱えていません。
その代わりにお客様専属の担当者をつけ、メール・電話・FAXで迅速に対応しています。
また見栄えのする社屋もお客様には関係ありませんので建てません。

お客様にとって大切なことは
・DM担当者の負担軽減
・安価な料金
・間違いのない発送
・個人情報の安全
・倒産しない会社

を目指さして下記の体制をとっています。

  • 【営業社員はゼロ】

    すべての取引は電話とメール・FAXのやり
    取りだけで全く問題なく完了しています。
    不安な場合はこちらのお客様の声
    をご覧ください。

    営業社員はゼロ
  • 【自社ビルは持ちません】

    自社ビルを持ち大きな固定費を背負い
    無駄な利子を支払うことはしません。
    長く存続できる会社を目指します。

    自社ビルは持ちません
  • 【50通から3万通以下専門】

    高価な機械を購入せずコストを抑えて
    います。人の手による作業のため
    細かい作業や複雑な作業が行え、
    50通からの受注もできます。

    50通から3万通以下専門
  • 【完全前金制です】

    当社は倒産リスクを防ぐため
    一部上場会社を含め全ての会社様に
    前金でお願いしています。
    小切手・手形も扱いできません。

    完全前金制です

安すぎるDM発送にご注意ください

複数のDM発送担当者様より相談を受けました。
相談内容は「全部のダイレクトメールが発送されているか心配」との内容です。

ダイレクトメール発送は間違いなく正確に封入され、お客様のところへ届けばどの会社が発送しても同じです。
そのため少しでも安いダイレクトメール発送ができる会社を選ぶことになります。

しかしDM発送代行専門業者が聞いても信じられない金額を聞くことがあります。
どう考えても無理な価格だと思われます。

DM発送代行専門会社であれば運送費はほとんど同じ金額になります。
その他の費用で差が出ますが、設備内容や営業費用を考えれば大体の損益分岐点がわかります。

もし損益分岐点の価格より安くしようとすると
・赤字を出し続ける
・ダイレクトメール発送数をごまかすか何らかの方法で発送代行費を削る
他に方法がないと考えられます。

あまりにも安すぎるDM発送価格には注意して下さい。

個人情報対策

個人情報の漏えいは大きな問題です。

メディアボックスではお客様に安心してお使頂けるように
以下の対策を取っています。

プライバシーマーク取得(10年経過)
・個人情報漏洩保険に加入
・カメラの設置(社屋4方向5台、室内に2台)
個人情報のやり取りはメール添付ではなく専用のサイトよりアップロード
個人情報削除は米国国家安全保障局(NSA)で推奨されている消去方式(各クラスタに乱数を2回書き込んだ後に、0(ゼロ)で1回上書き)で削除
・個人情報のお客様からの提案検討(お客様からの個人情報契約書)
・メディアボックスの個人情報覚え書きのフォーマットもあります

個人情報の漏えいの多くは電子化されたデータの流出です。
そのため電子化データでの受け渡しではない方法を考えました。

メディアボックスでは、お客様に宛名ラベルを作成していただき、当社では電子化された情報を受け取らない方法をとることもできます。
個人情報漏洩リスクが小さくなる方法です。

ただし問題点もあります。
メディアボックスにて宛名ラベルを作成しないため、追跡調査ができなくなります。

社屋外側に5か所のカメラ設置

社屋外側に5か所のカメラ設置

室内2か所にカメラ設置

室内2か所にカメラ設置

無料DM相談受付(ご注文確定後)

DMを出す目的は売り上げを上げることです。
DMを発送することが目的ではありません。

メディアボックスでのダイレクトメール発送の85%以上はリピート顧客になります。
小ロットの発送にも関わらずこれだけリピートが多いのにはわけがあります。

通販会社や大きな会社であれば専門の部署もあり合理的にDM発送が行われますが、
中小企業の場合はDM専門の担当者が在籍することはほとんどありません。

本来の仕事を持ちながら、DM作成やニュースレター作成を行っていいます。
そしてDMの情報はインターネット情報に比べて長い歴史があるにもかかわらず少ないのが現状です。

【真剣にDMを発送されている会社様よりよく相談を受ける相談内容ベスト5】
・どのような宛先に送るのが一番効果的か
・ダイレクトメール内容はどのように書くか
・DMテストはどのように進めていくのか
・ニュースレターの内容について
・インターネットやほかの媒体とのつなぎ方
です。

DMは少しの違いで反応率が大きく変わる発送物です。
メディアボックスでは多くのDMテストを行っています。
多くのコンサルタント会社さんの相談やテスト、アドバイスも行い多くの情報を蓄積しています。

真剣にDMをお考えの会社様は上手にメディアボックスを利用してください。

お申込から発送までの流れ

お申込から発送までの流れ お申込から発送までの流れ

※見積り3時間以内(営業時間外を除く)
例)金曜日PM6時受付は月曜日になります。

納期について詳しくはこちら

無料サンプルも合わせてご利用ください!

営業日の16:30までにお申込み頂ければ当日発送します。
宛名ラベル見本・紙見本・印刷見本・封筒見本他をお届けします。

無料サンプル
このエントリーをはてなブックマークに追加
見積りフォームはこちらをクリック


このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」