> 販促媒体別のメリット・デメリット

販促媒体別のメリット・デメリット

お客様に宣伝するための媒体はダイレクトメールだけでなくいくつもの媒体があります。
今回は代表的な媒体のメリット・デメリットを紹介します。


販促媒体には

・ダイレクトメール
・インターネット
・FAXDM
・ちらし
・新聞
・TV
・雑誌


媒体を利用する目的

・新規顧客の集客
・既存顧客のリピート
・離脱客の再リピート
・テスト
・顧客分類調査
・アンケート
・紹介


媒体のメリット・デメリット

媒体 メリット デメリット
ダイレクトメール(DM) ・宛先を限定できる
・情報量が多い
・既存顧客に効果大
・まねされにくい
・効果が長く続く
・既存顧客向けDMは費用対効果が大
・法人向けDMが効果的
・テストが簡単にできる
・継続的利用に適している
・新規顧客向けDMは費用対効果が悪い
・DMを作るまでに時間がかかる
・個人情報の対策必要
・開封にコツが必要
・費用がかかる
インターネット ・情報量が多い
・すぐに変更できる
・新規顧客獲得コストが安い
・個人法人問わず集客できる
・動画が使える
・集まりの場が提供できる
・宛先を限定できない
・すぐにまねされる
・専門知識が必要
・メールが読まれにくい
・ウィルスなどの対策必要
FAXDM ・コストが安い
・開封率が高い
・レスポンスが早い
・コストパフォーマンスが高い
・情報量が少ない
・クレーム処理が必要
・白黒情報
・写真が汚い
・目的の人まで届きにくい
チラシ ・地域密着型に効果が大きい
・テストがし易い
・見てもらいやすい
・保存されやすい
・時期を限定できる
・エリアを限定できる
・主婦層・ファミリー層が得意
・認知効果が高い
・効果が一時的
・情報量が少ない
・宛先を限定できない
・すぐにまねされる
・ライバル関係が重視される
・地域差が大きい
新聞 ・信頼性が高い
・地域別に選択できる
・時期を限定できる
・記事広告が可能
・顧客を限定できない
・内容をまねされやすい
・購読者数が減少
・効果が一時的
・繰り返しは見られない
・印刷面で美しさが劣る
テレビ ・動画で配信できる
・ブランド力が上がる
・TVに移ることが宣伝になる
・コストが高い。
・不特定多数への宣伝になる
・宣伝時間が短い15秒か30秒
雑誌 ・雑誌により顧客を絞り込める
・保存される可能性がある
・カラーできれいに印刷できる
・複数回掲載により認知度が高まる
・掲載履歴を宣伝できる
・広告掲載までに時間がかかる
・読者数が限られる
・情報量が限られる
ラジオ ・地域を絞り込める
・コストが安い
・親密感が高い
・声だけの宣伝になる
・視聴者が限られる
・一瞬の宣伝になる
・直接購買に結び付けにくい

最近の集客にはダイレクトメールだけでなくインターネットとの融合が大切になってきました。
以前はダイレクトメールを見てインターネットでその会社の内容を検索することはほとんどありませんでした。しかし現在ではダイレクトメールの会社に興味があればホームページで確認することが当たりまえになっています。

ダイレクトメールだけではなく特にホームページにも力を入れなければならない状況です。


見積りフォームはこちらをクリック


このページの先頭へ

トップページへ

アンケート_723 セキュリティー関連事業 東京

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」