A4用紙の重さは1枚何グラム?DMを送る前に知っておきたい紙のこと

A4用紙の重さは1枚何グラム?
DMを送る前に知っておきたい紙のこと

A4用紙は、DMでもよく使われるサイズの一つです。A4用紙1枚当たりの重さは、紙質などの条件によって異なります。

本記事では、A4用紙の重さや厚さ、紙質、発送料金など、DMを送る前に知っておきたい知識を解説します。
DM発送を検討されている企業様、DM発送にあたり用紙のサイズに迷われている企業のご担当者様は、ぜひご覧ください。

DMでよく使われるA4用紙の基礎知識

A4用紙の重さは、紙質によって異なります。例えば、A4サイズのコピー用紙の場合は、1枚当たり4~5gです。

また、紙には水分を含む性質があるため、梅雨の季節など湿度が高い気候では、用紙の水分量が増えて重くなります。

以下では、用紙のおもな紙質と、用紙の重さと厚さの関係性を詳しく解説します。

用紙の紙質はおもに3種類

用紙のおもな紙質には、上質紙・コート紙・マットコート紙の3種類があります。

上質紙

いわゆるコピー用紙のことで、ボールペンなどで文字を書き込みやすい紙質です。A4用紙1枚当たりの重さは、前述のとおり4~5gです。

コート紙

上質紙の表面をコーティングしたもので、ツルツルとした光沢感のある紙質です。上質紙に比べて文字を書き込みにくくなりますが、印刷時の仕上がりや発色の美しさは、上質紙よりも優れています。A4用紙1枚当たりの重さは、6~7gです。

マットコート紙

コート紙と同様に、上質紙の表面をコーティングしたものですが、弱めの圧力でコーティングされ、光沢が控えめな紙質です。印刷時の鮮やかさはコート紙に劣るものの、落ち着いた印象に仕上がるメリットがあります。A4用紙1枚当たりの重さは、6~7gです。またマットコート紙はボールペンで文字を問題なく書くことができます。

用紙の重さと厚さの関係性

以下は、用紙の重さと厚さの関係性を示した表です。

 四六判
90kgの厚さ/
A4用紙1枚当たりの重さ
四六判
110kgの厚さ/
A4用紙1枚当たりの重さ
四六判
135kgの厚さ/
A4用紙1枚当たりの重さ
紙の質感
上質紙約0.12mm
6.53g
約0.15mm
7.98g
約0.18mm
9.79g
さらさらとし、文字が書き込みやすい
コート紙約0.08mm
6.53g
約0.1mm
7.98g
約0.12mm
9.79g
ツルツルとし、光沢やツヤがある
マットコート紙約0.1mm
6.53g
約0.13mm
7.98g
約0.174mm
9.79g
しっとり滑らかで、文字が書き込みやすい

一般的に、用紙の厚みは「上質紙55kg」「コート紙90kg」「コート紙135kg」などと表現します。この「55kg・90kg・135kg」などの単位は、四六判と呼ばれる788mm×1,091mmの原紙を、1,000枚重ねたときの重量です。

用紙の厚さは、数値が小さいほど薄く大きいほど厚くなるため、先ほどの例を用いると「コート紙90kg」よりも「コート紙135kg」のほうが厚いことになります。DMでは、特に四六判90~135kgの厚さの用紙が多く使われます。

また、上表のとおり、同じ「90kg」でも紙質によって厚さは異なりますが、コート紙110kgとマットコート紙90kg、コート紙135kgとマットコート紙110kgはおおむね同じ厚さです。A4ハガキでDMを作成する場合は、同じ規格サイズでもコート紙よりも厚くなるマットコート紙を通常選びます。理由はコストパフォーマンスが良い点と、紙に文字が書きやすいためです。

【サイズ別】A4用紙を使用したDMの発送料金

A4用紙を使用した場合のDMの発送料金について、ケースごとに紹介します。

A4ハガキ

A4ハガキは、官製はがきのA4サイズ版を指します。DMを1,000通発送する場合の料金の目安は、A4ハガキ1枚当たり84円です。

長3封筒・洋形4号封筒/角2封筒・A4封筒

長3封筒と洋形4号封筒は、A4用紙を3つ折りにして封入する封筒です。一方、角2封筒とA4封筒は、A4用紙を折らずにそのまま入れられます。

DMを1,000通発送する場合、1枚当たりの料金の目安は次のとおりです。

  • 封筒A4用紙1枚封入 89円
  • 封筒A4用紙3枚封入 92円
  • 封筒A4用紙5枚封入 95円

DMで使用する用紙の選び方

上質紙・コート紙・マットコート紙

おもな紙質として、上質紙・コート紙・マットコート紙を紹介しましたが、どの紙質や厚さの用紙をDMで使用するか、迷う場面も多いのではないでしょうか。

ここでは、DMで使用する用紙の選び方を、3つのポイントに分けて紹介します。

DMの内容に合わせる

DMの内容によって、適した用紙は異なります。
以下は、よくあるDMの内容と、それぞれに適した紙質・厚さの一覧です。

一般的なDM

原則として上質紙を選びます。厚さは73kgが目安です。

挨拶状

なじみのある上質紙を選びます。厚さは90kgが目安です。

ニュースレター

写真やイラストなどでの訴求効果を見込んでいない場合は、上質紙を選びます。厚さは73kgが目安です。

プレゼントカタログ

写真を用いるケースが多いため、コート紙が適しています。厚さは90kgが目安です。

申込用紙

文字を書き込みやすい上質紙を選びます。少し厚めにすると反応率の向上が期待できるため、厚さは110kgが目安です。

印刷する内容や商品の特徴で決める

商品の写真・イラストを美しく見せることで売上アップを期待できるケースでは、仕上がりがきれいなコート紙を選びます。例えば、飲食物や洋服などの写真・イラストを鮮やかに表現できれば、顧客は商品を購入したい気持ちが高まりやすくなります。さらに高級感を出したい場合は、厚めのコート紙を選んでみてください。

ただし、新聞に折り込むスーパーのチラシのような用途の場合は、薄めのコート紙が適しています。また、文字量の多いDMは、反射の少ないマットコート紙を選ぶと読みやすくなるのでおすすめです。

カラー印刷で迷う場合はテストして比較する

DMをカラー印刷する場合は、上質紙とコート紙に実際にテスト印刷をし、比較してみてください。一般的に、カラー印刷ではコート紙が使われますが、テストしてみると上質紙のほうがしっくりくることがあります。これは、コート紙の発色が良いために、「売り込み感」を強めてしまうからです。

上質紙でカラー印刷すると、仕上がりの美しさは落ちますが、なじみがあるため安心感を与えます。その際の用紙の厚さは、通常のコピー用紙よりも厚みがあるものがおすすめです。

なお、上質紙にカラー印刷する際は、以下のポイントに注意してください。この方法をとって反応率を上げているDMに寄付金を募る会社もあります。参考にしてみてください。

  • 色数は2種類だけにする(2色印刷)
  • 色文字は3ヵ所までにする
  • 下線・斜め文字・マーカー線は使用しない

まとめ

A4用紙の1枚当たりの重さは、次のように紙質によって異なります。

  • 上質紙:4~5g
  • コート紙:6~7g
  • マットコート紙:6~7g

多くの場合、四六判90~135kgの厚さの用紙がDMに使われますが、どの紙質や厚さの用紙をDMで使用するかは、DMの内容や商品の特徴などで変わります。例えば、挨拶状なら上質紙90kg、プレゼントカタログならコート紙90kgなどと選んでみてください。

株式会社メディアボックスが運営するDM発送代行センターでは、A4ハガキやA4用紙を封入したDMなど、ご要望に応じたDMの印刷・発送業務を承っております。お電話・メール・FAXにて、担当者がリアルタイムで対応いたしますので、ぜひお気軽にお見積りをご依頼ください。

https://www.dm110.jp/
https://www.dm110.jp/kaisyaannai.html

DM発送代行をご検討でしたら、まずはお見積をご依頼ください
営業時間3時間以内にお返事いたします

入力かんたん2分で完了!無料お見積フォームはこちら

お見積・お問合せはお電話でも
歓迎いたします

0561-37-2027
受付時間: 9~18時(土日祝休)

まとめ記事
一覧へ
無料
お見積り