> テストDMのお手伝い

テストDMのお手伝いいたします

ダイレクトメールを発送する最終目的は売り上げを上げることです。
しかし、会社が発送するダイレクトメールのほとんどが間違った形で発送されています。
メディアボックスで初めてダイレクトメールを発送する人の90%以上が間違っていいます。

自社でダイレクトメールを作成している会社様、コンサルタントさんや広告代理店がかかわってDM作成をしている場合でも同じ間違いをしていることがほとんでです。

その間違いとはダイレクトメールを発送するときに、最低2種類以上のダイレクトメールを発送していないことです。

ダイレクトメールを作るときには試行錯誤しながらよりよいダイレクトメールを作成しようとします。
確かにその努力は重要ですが、努力してできたダイレクトメールが本当に最適なダイレクトメールであるかは分かりません。

発送したダイレクトメールの反応率が良いのか悪いのかを知る方法は比較することです。
これ以外に方法はありません。

そのため1種類のダイレクトメールだけを発送した場合には比較ができません。
今後の展開の方向性を知ることもできません。
もし比較せずに1種類のダイレクトメールだけで判断していたならばそれは博打と同じです。
根拠のないダイレクトメールになります。

ダイレクトメールは必ず2種類上を発送することはとても大切なことです。
しかし現状では一度に2種類以上のダイレクトメールを発送している会社様はほとんどありません。

ではダイレクトメールを比較するにどうしたら良いでしょう。
それにはコツがあります。
2種類のダイレクトメールを作るときにはダイレクトメール内容、あるいはプレゼントなどの1ヵ所だけを変更することです。

2か所以上一度に変更するとどちらの変更箇所で反応率が変わったのかが分からなくなります。

とはいえダイレクトメールをテストするときにはどのように効率よく比較していけばよいか分からないのではないのでしょうか?

そこでメディアボックスでは一度に2種類以上のダイレクトメールを発送するテストDMに対してアドバイスを行っています。

メディアボックスを利用されているお客様で他社のDM発送代行会社ではなく当社を利用する理由にテストDMのことについてアドバイスを受けられるからという理由のお客様も少なくありません。

またもしダイレクトメールで問題が発生した時にはアドバイスをもらえる窓口を確保しておきたいという理由でメディアボックスを使い続けている会社様もあります。

初めてのテストDMでは、よくわからないことばかりだと思います。
どうぞ遠慮なく相談ください。

またテストDMについては下記ページを参考にしてください。

≫058_テストDMについて その1
≫059_テストDMについて その2
≫060_テストDMについて その3
≫084_DMで赤字を出さない方法


見積りフォームはこちらをクリック


このページの先頭へ

トップページへ

アンケート_723 セキュリティー関連事業 東京

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」