> 封筒の選びのコツ

封筒の選びのコツ

DM発送で反応率UPのために封筒の存在は重要です。
また目的がDMではなく配送のためである場合もコストを考えると封筒選びも重要になります。
このページでは封筒の選び方についてまとめてみました。

封筒を選択するときに基準になる選択肢は大きく分けて2つになります。
1サイズ
2材質


1 封筒サイズ

DMの場合は、A4サイズの紙を折らずに入れられる封筒か、A4用紙を折って入れるかになります。
DMでよく使われる封筒は下記のようになります。


封筒サイズ別 発送料金比較

名称 サイズ A4用紙を入れると B5用紙を入れると
角型2号(角2) 240mm×332 mm 折らずに入る 折らずに入る
A4封筒 225 mm×310 mm 折らずに入る 折らずに入る
角型3号(角3) 216 mm×277 mm 2つ折り 折らずに入る
長形3号(長3) 120 mm×235 mm 3つ折り 3つ折り

封筒サイズにより発送代行代金が変わります。

・封入時に折作業が必要な場合、折作業代金が必要になります。
・クロネコDM便の場合、上記封筒の場合すべて同じ料金になります。


封入内容により封筒サイズを考える

封入物が3つ折りになり、反応率が下がるような場合があります。
・封入枚数が多い場合
・紙の厚さが熱い場合
・きれいな写真やイラストが入るDM

反対に手書きでの内容である場合には小さい封筒が良いことが良くあります。


2 封筒の材質

DMで使う封筒の材質は大きく分けて、紙封筒と透明封筒に分かれます。

DMの場合、DMを受け取る人に開封してもらうことが重要です。
開封してもらうためには受け取った人に封筒を開封したくなる理由がなければ開封してもらえません。

DM封筒にはキャッチコピーやけ取る人のメリットになる内容などが書かれている必要があります。
そのため紙封筒の場合には封筒印刷が必要です。

透明封筒の場合には中身が見えますので、封入物の表と裏に直接、キャッチコピーやお客様のメリットを印刷することができます。

コスト的には紙封筒に印刷するよりも、透明封筒の中に入る紙を印刷するほうが安く上がります。
また、DMテストする場合などは、紙封筒の場合、何度も封筒印刷が必要になりますのでさらに割高になります。

また同じ大きさの封筒であれば紙封筒よりも透明封筒のほうが安くなります。


3 透明封筒と紙封筒の比較

透明封筒 紙封筒
コスト ×
封筒印刷 ×
DMテスト
水濡れ ×
破れやすさ CPP○(注1)  OPP×(注2) ×
耐寒温度 ×
反応率 内容による 内容による

注1:CPPは破れにくい素材
注2:OPPは封筒の端が破れやすい素材


見積りフォームはこちらをクリック


このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」