> > テストDMについて その1

テストDMについて その1

あるコンサルトさんからの質問です。以下やり取りです。

コンサルタント:「豊田さん、クライアントと共にDMを毎月だして
          6か月ほど続けているのですが、
          反応率の落差が大きくて困っています。何かヒントもらえませんか?」
豊田      :「どれくらいの差が最大あるのですか」
コンサルタント:「0.3%~3%ぐらいあります。」
豊田      :「それはいいことではないですか。方向性が明確になって・・・・」
コンサルタント:「でもどうしてそのDMの反応率が良かったのか悪かったのか、
          理由が分からなくなってきまして・・・・」
豊田      :「え! テストDMはしていないのですか?」
コンサルタント:「テストDMと言いますと・・・・」
豊田      :「DMを2種類以上作り、同時に発送する方法ですよ。」
コンサルタント:「そのテストですか!やっていませんね。」
豊田      :「あーそうですか」
コンサルタント:「今言われて気づきましたが、テストDMはやらないとまずかったですね」
豊田      :「テストDMはやらないと「バクチDM」になりますからね」
コンサルタント:「申し訳ないのですが時間を作っていただけませんか?
          具体的な方法と今後について相談に乗っていただきたいのですが・・・」

という笑えない現実が実際にいくつもあります。
当社に初めてDMを出されるお客さんで、2種類以上のDMを出す「テストDM」を
行っている会社は10社に1社もないのが現実です。
DMを出す会社が大手であっても、
あるいはコンサルタントさんがついても結果は同じです。

なぜ最低2種類のダイレクトメールを出さないといけないのかというと、
比較ができないからです。
比較ができないとデータを取ることが出来ません。
この場合のデータとは反応率だけのデータではなく、
個々の状況により取れるデータです。
このデータを蓄積しておかないと、DMを出す時の反応率の予想が出来ません。
そして一番大切な、反応率アップ対策のデータを取ることがいつまでたってもできません。

テストDMについて その2」へつづく



他のおすすめ記事
084_DMで赤字を出さない方法
005_A4サイズ紙でハガキを
132_反応率の基準値は
133_DMテストの地域はどこから始めると良いか?
010_DMの開封率を上げる方法


前の記事
057_お客さんの感動と共感をよぶコツ

次の記事
059_テストDMについて その2



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」