> > ライバル店が2店同時に増えた その1

ライバル店が2店同時に増えた その1

質問

夫婦で整体院をやっています。
妻も整体師ですので2人で何とか回しています。
最近、近所に2件のカイロプラクティックと
マッサージ店がオープンしました。

私のところでの売り上げは前年同月比で
昨月35%ダウンになりました。
特に中年の女性の方の来院が減っています。
当店の売りは「健康は良い姿勢で」を
スローガンに月に2回のリピートを目指しています。

カイロプラクティスの店はチラシを頻繁にまいています。
またマッサージ店ではポスティングを行っています。
当店はこの地区で6年になりますが、
これといった集客はしておらず、店の前の看板と
ブラックボードに頼っています。

ただ昨年度までのリピート率は72%あります。
顧客の名簿も少しはあるのですが、来院した人
全員分あるわけではありません。
そこで今考えているのが、チラシか
ポスティングかDMを考えています。

ただ予算的に全部を行うわけにはいかないので、
どれかに絞りたいと考えています。
新規顧客も積極的にとっていきたいと考えています。
何かアドバイスをいただければ幸いです。

回答

整体院は最近特に増えています。
それも激戦になっている所が少なくありません。
また労働集約型の業種になりますので、
お客さんの来院時間の管理が問題になります。
その点リピート率が72%あることは
大きな助けになると思います。
一番効率的な方法から考えてみます。

まず第一にやらなければならないのは、
ライバル店の状況です。
「どのお客さんをターゲットにしているのか」、
「何を売りにしているのか」
「そのお店に行ったお客さんはなぜあなたの店ではなく、
その店を選んだのか」
などを調べる必要があります。

またお客さんの導線を考えましょう。
都会側・あるいは駅側に向かってお客さんは流れます。
田舎の方に向かって店を選ぶことは少なくなります。
まず調べてください。
調べ方はホームページを見ます。
次に大体の感触がつかめたら、奥さんに
お客さんのふりをしてライバル店の偵察に
行ってもらってください。

次は、離脱客を食い止めましょう。
そのためにもお客さんの名簿を必ず取る必要があります。
取り方としては「何かの特典と引き換え」
あるいは「割引券を贈りたいので」などを使います。

この場合、顧客データを収集することに目的があるので、
一つ目の特典で断られたとしても、また日を開けて
次の特典をぶつけ、住所をもらえるまで
何回でも手を変え品を変えてアタックし続けましょう。
この名簿が最後の切札になります。

ライバル店が2店同時に増えた その2」へつづく

他のおすすめ記事
120_チラシかポスティングかDMか
093_整体院のDM
160_強みを考える
172_起業3か月のDMと3年目のDM
149_バックエンド商品の条件は8つ


前の記事
120_チラシかポスティングかDMか

次の記事
122_ライバル店が2店同時に増えた その2



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」