> > 強みを考える

強みを考える

質問

私は広島でカイロプラクティックを行っています。
施術は私ともう一人の先生で行っています。
開業して3年がたちます。
お客さんは店の立て看板やチラシを見て
来院していただいています。

患者さんは主に30代・40代の女性が
半数を占めています。
しかし男性のお客さんも30%以上います。
お客さんの来院目的は肩こり・腰痛・肘痛・
癒し・膝痛・頭痛など様々な目的で来院されています。

ただ再来院が少ないのが現状です。
そばにライバルができたことが影響
しているのですが、当院の専門性が全くないのも
問題ではないかと考えています。
そこで当院の専門性を見つけるのに
良い方法があれば教えて下さい。

回答

なるほどよくわかりました。
確かにカイロプラクティックだけでは特徴がありません。
またお客さんもカイロプラクティックと
整体院と整骨院などの違いがよく理解していません。
何となくの雰囲気で選んでいるところもあります。
○○さんの言われることは正解です。
是非、専門性や特長、付加価値あるいは
ブランディングも含めて考えましょう。

まず現状では何でもできる
一般的なカイロプラクティックです。
いい意味ではどんなお客さんでも
対応できる雰囲気があります。
反対に専門性がないため○○さんの
ところでなければダメということはありません。

では一般的なカイロプラクティックと専門がある、
あるいはお客さんから見て通いたくなる特徴がある
カイロプラクティックとどちらが良いかという問題です。
結論から言うと専門性や特長のある
カイロプラクティックが正解です。

現状ではカイロプラクティックも含め、
治療院系の店舗の数はうなぎのぼりに増えています。
今後も増えることが予想されます。
このように飽和状態になっているときには
専門性や特長のある店が断然有利になります。
お客さんはたくさんある治療院の中から
自分に合った治療院を見つけようとするからです。
何でもできる治療院は別の見方をすると
何もできない治療院になりかねません。

では具体的にどのように強みを見つけるか
について次の質問に答えてください。
● ○○さんが理想とする患者さんはどういう人ですか
● 症状を分けた場合、どの症状の人に来てほしいですか
● 男の人と女の人どちらの人に来てほしいですか
● 通院回数は最低何回来てほしいですか
● 店舗数を増やしたいですか
● 将来治療院はどのようにしたいですか
 (自分は現場を退きたいとか)
● 日曜日も営業したいですか

この質問に答えて自分の立ち位置と方向性を見つけてください。
この質問は毎日考えましょう。

他のおすすめ記事
158_エステサロンの不安を解消する項目
123_ライバル店が2店同時に増えた その3
093_整体院のDM
077_USPを考える 02
095_居酒屋さんのDM


前の記事
159_美容院の定期フォローDM

次の記事
161_集めたい顧客を集める方法



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」