> > 個人客商売で集客に必要な3つの力

個人客商売で集客に必要な3つの力

質問

これから小さなブティックを始めようと考えています。
今までブティックでの仕事を7年間続けてきました。
仕入れから販売まで
一通りのことは経験してきています。

お店に来てくれたお客さんに対しての接客や販売は自信があります。
しかし現実問題として、お店にお客さんとして来てくれる人を、
集客することについてはあまり自信がありません。
そこで、集客をする上での基本的なことを教えてください。

回答

そうですね。これから商売をはじめていくとなると、
集客が出来ないといくら良いものを扱っていても
売れるものではありません。
昔のように「商品がよければお客さんが集まってくる」
という時代ではなくなってきたのは確かです。
今の時代、小さな会社であればあるほど、
マーケテイング的な発想が必要です。

なかでも主に次の3つのことが重要になります。

1 お客さんに認知されること
2 比較されることを考えての商売
3 お客さんにとってのメリットと差別化

1つ目の「認知されること」ですが、
これは「自社の商品やサービス」「自社の技術力」
などをお客さんに知ってもらうことです。
これは当たり前のようですが、コストと時間を考えると
なかなか難しい問題の一つです。

2つ目の「比較される」ですが、昔と違って
今ではインターネットなどの情報媒体が
非常に発達しているので、お客さんが
どの商品が自分に必要なのかを選ぶこと、
そして、商品を選んだら、その商品を
どこで買えば一番安く買えるか調べることが
当たり前になってきています。
商品を最終的に買って頂かないことには
商売にはなりませんので、この辺の戦略をしっかりと
考える必要があります。

3つ目として、その商品・サービスが
どこで買っても同じであれば、
後は価格勝負となってしまいます。
ここで何か付加価値が付けられれば
価格だけの勝負に巻き込まれなくて済みます。
ハード・ソフトを含めてこの付加価値の部分、
あるいは見せ方の部分を戦略的に
初めから考える必要があります。

最後にお客さんに対して、忘れられないことが
今の時代大変重要になってきています。
情報が氾濫していますので、その商品・サービスが
必要なときに、あなたのお店が
思い出してもらえるかどうかが勝負になってきます。

参考にしてみてください。

他のおすすめ記事
044_商品を買うまでの心の動き
081_ライフサイクルとDM 01
087_DMとネットの連携 01
006_DMで粗利を上げる方法
084_DMで赤字を出さない方法


前の記事
073_宛先リストがない場合 個人編_02

次の記事
075_低価格戦略の落とし穴



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」