> > 毎日発送したいDMの対処法

毎日発送したいDMの対処法

質問

私は北海道で健康茶の製造販売を行っています。
この仕事を初めて12年になります。
不況の影響をもろにかぶる業界ですが、
今まで赤字を出さずに続けてこられました。
当社はリピートの確率が60%を超えます。
しかし一度買っていただいたお客さんに
2回目を買っていただくところのハードルが高く苦戦しています。
2回目を購入していただいたお客さんは
3回目の購入が比較的スムーズにいきます。
また継続購入していただいているお客さんでも、
こちらからの連絡が途切れると
注文も途切れる確率が大きくなります。

初めて健康茶を買われる方にはどうしても
2回目の購入をしていただくために、
戦略を練っています。
今回考えついたことは、今よりもリアルタイムで
はがきやDMを発送しようと考えています。
今は一週間に一度のサイクルでまとめて自社で発送しています。
この方法はDMを出す側の効率が良いからです。
しかし一週間もためてしまうと、
お客さんの反応が落ちてしまいます。
何とかDM発送代行会社を使って毎日
発送する方法はないか考えています。
自社で今以上に細かいDM発送をすることは、
負担が大きくなりすぎるために、
DM発送代行会社に依頼を考えています。
よい方法を教えてください。

回答

少量のDMを毎日発送代行会社に発送させる方法ですね。
よくわかりました。
○○さんがおっしゃるように、一週間も間が
空いてしまうことはよくありません。
お客さんの欲求がさめてしまいます。
しかし毎日5通・10通の発送をDM発送代行会社に
頼むのは気が引けますね。
また少部数の発送はものすごく割高になるので注意も必要です。

実は○○さんの会社のような相談はよく受けます。
特にしっかりとデータベース管理をしている会社さんには必須です。
結果はDM発送代行会社をうまく使うか
自社でシステムをつくり内制化するかです。

DM発送代行会社に依頼するときには、
基本はロジステックという形をとりますが、
商品は自社で発送しますので、
DMだけの場合は少し方法が変わります。
私のお勧めは毎日宛名データを送り
発送してもらう方法がベストだと思います。

ここで問題なのが3日後・10日後・20日後・
35日後・60日後・90日後に発送する
DMを的確に指示する方法です。
特に問題になるのがタイムラグです。
お客さんからの注文がちょうど10日目の夕方に入った時です。
DM発送代行会社は発送準備を整え運送会社に
ダイレクトメールを引き渡しています。
ヤマト運輸の場合、県外発送する荷物は
長距離トラックに載せ21時にトラックターミナルを出ます。
理論的には21時までに連絡があれば大丈夫なのですが、
現実は荷物を引き渡してしまったら伝票処理が
されてしまっているのでアウトです。
そのため夕方には連絡をもらう形になります。

では間に合わなかったDMはどうするか?
それはどうしようもありません。
しかし打つ手はあります。
一つはお客様に直接電話します。
もう一つの方法はDMの中に
「お客様よりの注文時間によりこの手紙を送って
しまうことがあります。
その際はどうぞご容赦のほど宜しくお願いします。」
などの文面を入れておく方法です。
私のお勧めは両方やることです。
今までの経験上このことでトラブルになったことはありません。

最後にDM発送代行会社選びです。
DM発送代行会社にも得意不得意があります。
特に今回のような複雑な案件については、
はじめから全部任せるのではなく
テストを何社かのDM発送代行会社に依頼して
結果を見ながら判断することをお勧めします。
また内容によっては一社だけではなく
2社に分担して依頼することにより、
間違いを少なくすることができる場合も
ありますので検討してください。

他のおすすめ記事
024_ダイレクトメールは何回送ればよいか? またその間隔は?
128_DMは「お盆の前後」どちらで出すと効果的か
102_発送代行の意外な使い方
156_DMを成功させるために社長がやること
108_A4サイズハガキの紙質で反応率が変わる


前の記事
163_どれが一番良いか「顧客数UP」「一人当り売上UP」「回転率UP」

次の記事
165_経営安定とDM



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」