> > DMを成功させるために社長がやること

DMを成功させるために社長がやること

質問

私はシルク関係の衣類を製造輸入販売しています。
この仕事を始めてまだ1年半です。
しかしお客さんは着実に増え、
リピート件数も増えてきました。
社員数5人の小さな会社ですがみんな若く、
これからもがんばって売上げを上げていこうと頑張っています。

そこで私から社員に提案をしました。
ニュースレターを出そうという提案です。
ニュースレターのことは豊田さんに聞いていたので、
ぜひ実行しようと考えていました。
しかしいろいろな問題が発生しました。
「誰がやるの」
「どうやってやるの」
「誰が担当になるの」
「印刷や発送はどうするの」
などたくさんの問題点ばかりです。

でも社員の心の奥で思っていることは私にはわかります。
「私にこれ以上仕事を増やして欲しくない」
という気持ちがよくわかりました。
そこでニュースレターを継続して発送していくために、
どのような方法を社長としてとればよいか教えてください。

回答

ニュースレター作成は本当に大変だと思います。
○○さんの苦労もよくわかりますし、
社員の方の意見も大切です。
ニュースレターを継続して発送している会社さんにも
同じ苦労があります。
○○さんの役に立ちそうなものをご案内します。

ニュースレター作成を決意したときに
発生するのが○○さんと同じ問題です。
この問題を解決するときに大切なことがあります。

●ニュースレター実物をみんなに見せる
●○○さんの会社に置き換えて考える
●絵が得意な人や、文章が得意な人、
 写真が趣味な人などみんなの特技を活かす
●やることをすべて分けて紙に書き出す
●実行するのにどれくらいの時間がかかるか調べる
●できないところは外注の力を利用する
●社長自ら先頭に立ってニュースレター作成発送を推し進める
●作成に参加した人に別待遇を与える
●ニュースレターの大切さを毎日社員に伝える
●ニュースレターを発送したら効果を計測し社員に伝える
●楽しく進められるように工夫する(お菓子を食べながらの会議)
などいくつも社長が工夫して提案してください。

コツとしては
●社長はマイナス点や注意・叱るなどをしない
●A4はがきの書く量を少なくする
●写真などを多用する
●手書き部分を入れる
●ニュースレターに各自の意見をなるべく反映する
●どうしても作成できない時には外部の力を借りる
●印刷は外部に委託する、あるいはDM発送代行会社に依頼する
●印刷作業から封入・封閉じ、宛名ラベル作成、
 発送をDM発送代行会社に外注する

ニュースレターは作成部分と印刷発送部分は必ず分けて考えましょう。
どちらも大変です。そしてあまり初めから
全部を自分のところだけで行わずに
徐々に変更をしていき良いものを作り上げていけばOKです。

他のおすすめ記事
180_社長が現場仕事ばかりをしていると
018_DM発送前のチェックポイントは
102_発送代行の意外な使い方
125_焼芋屋と接触頻度
064_社内でDM作成を依頼されたのですが


前の記事
155_法人営業の一番難しい点は

次の記事
157_ダイレクトメールと営業部



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」