> > 社内でDM作成を依頼されたのですが

社内でDM作成を依頼されたのですが

質問

当社は編み物や刺繍関係の商品を販売しています。
今回、入社4年目の私がダイレクトメール作成の
担当をすることになりました。
以前当社で作成したチラシを渡され
「これを参考にして作ってもよいし、勉強して
自分なりのDMを作ってもよい」と言われました。
以前のDMは古臭いので私の思いとしては
新しいダイレクトメールを作りたいと思います。
そこで、この状況を考えてどのように
DM作成を進めていけばよいか教えてください。

回答

今回はDM作成という大役を受け、
大変な状態にある事は想像できます。
しかしダイレクトメールを作成するという
体験はなかなかできません。
これも貴重な経験になり、将来この経験が
役に立つと思いますのでチャンスをものにしましょう。

この場合、一番初めにやる事は、
以前に出したDMの
「いつ出したか」・
「発送先の対象」
「発送件数」・
「反応率」・
「何回に分けて発送したか」
は最低確認しましょう。
またこのDMを出してお客さんの反応が
どのように変わったかなどまで分かれば最高です。

そして、今回のDMの発送先が
「すでに会社のお客さんになってくれた人宛」
「名簿はあるがまだ一度も買ってくれたことがないお客さん」
「まったくの新規に送る」
を分けてください。
この送り先の違いによって内容が全く変わります。

次に、このダイレクトメールでお客さんにつける
「特典」の予算があるのか、
あるいはないのであれば、何か経費をかけずにできる
「特典」を考えなければなりません。
このお客さんに対する「特典」がないと
反応率が大きく変わります。

DMを書く前に、お客さんの得になる情報や、
お客さんの関心事について、知っておく必要もあります。
このお客さまの情報や関心のある事についての
キーワードを調べておきましょう。

そしてダイレクトメールを書く時には、
自分の知っているお客さんの顔を思い浮かべながら、
その人一人に対してDMを書くつもりで書き進めましょう。

簡単になりましたが、以上の点が
今回のDM作成の重要な部分になります。
頑張って、頭に汗をかいてください。

他のおすすめ記事
016_DM作成前に知っておきたいことベスト10
017_DM作成の最重要点
170_DM作成には聞く力が必要
173_「自分が言いたいこと」はDMには書かない
129_DMで一番重要な部分は


前の記事
063_ゼロコストDM その3

次の記事
065_DMが上手になる勉強法01



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」