> > 現金回収

現金回収

質問

私は東京でWEB系のコンサルタントとホームページ作成・
DMでの集客・フォローの仕事をしています。
社員は2人で細々と経営しています。
お客さんは固定客のお客さんが19社います。

仕事はまじめにクオリティーの高い仕事を続けています。
おかげさまでお客様との取引は長い間続いています。
しかし経営がだんだんと苦しくなっています。
原因はお金が足りなくなってきたからです。
下請けさんへの支払いが入金よりも早いためです。
DMでお世話になっているので、
思い切って相談させていただきました。
何か良い方法があれば教えてください。

回答

なるほどわかりました。
ただ私はそちら方面の専門家でないので
うまくいっている人の例を紹介します。
○○さんの会社の取引先は100%法人なので、
基本現金払いは少ないはずです。
通常は翌月末支払や翌々月支払などではないでしょうか?
中には引き落とし日までの期間が
長い手形や小切手という場合もあります。

○○さんのお客さんからの入金は
翌々月の月末までに振込になっています。
しかし下請けや仕入れ先への支払いは月末締めの翌月払いです。
支払いが入金よりも1か月早い状態です。
この状態では仕事量が増えれば増えるほど
資金繰りが苦しくなります。
この状態を脱するには、入金を一か月以上早くしていただくか、
支払いを一か月伸ばしてもらうかのどちらかになります。

結論から言うと、今の19社のお客さんに現状を話して
入金を一カ月早めてもらえるように要請して下さい。
また支払いを翌月ではなく翌々月にしてもらえるように
お願いしてみて下さい。

○○さんの気持ちの中には入金期限の短縮や、
支払い期限の短縮を言うのは気が重いと思いますが、
軽い気持ちで良いので相談されると、
思いの他了解が得られると思います。

なぜそのように思うかというと、
現在の○○さんと取引会社の関係が
とても良い関係になっているからです。
試しに言うだけあれば何も失うものはないので
言ってみてください。
何件かに受け入れてもらえれば、
それだけで資金繰りが大きく楽になるはずです。

実はこの方法は、私の知り合いも
実行してとてもうまくいきました。
彼は80%くらいの会社にOKをもらいました。
その会社も○○さんと同じで、お客さんや取引先との関係が
とてもうまくいっていました。

ちなみにメディアボックスでは
すべてのお客様には前金でお願いしています。
中には前金が無理でメディアボックスを
使うことができない会社もありますが、
すべて前金でいただいているおかげで、
貸倒の心配をすることもなく健全な経営ができています。
資金繰りは心配することなく
テストDMやお客さんのサービス向上に
力が注ぐことができます。

追伸
○○さんより80%以上の顧客から
OKをいただけたとの知らせがありました。
よかったですね。

他のおすすめ記事
050_賢い集金方法
155_法人営業の一番難しい点は
165_経営安定とDM
171_コンサルタント料金のつけ方
137_DMに書いてある「特典」の落とし穴


前の記事
168_イメージ広告とは

次の記事
170_DM作成には聞く力が必要



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」