> > 賢い集金方法

賢い集金方法

質問

通販会社をカタログ中心で行っています。
最近はホームページなども使い、売り上げも伸びてきました。
売り先の多くは個人相手でしたが、
最近、会社さんとの取引を急速に増やしてきました。

しかし、同じジャンルの商品を販売している
会社が複数あらわれ、売り上げを落としています。
ダイレクトメールは御買得品情報や
ミニカタログなどを入れ、3か月に1度既存客に送っています。

この中で会社さんの1件当たりの売り上げが
個人とは比較にならないほど多いので、
会社への販売に力を入れたいと思います。
会社に販売するうえで効果的な方法があれば教えてください。

回答

なるほどいい点に気付かれましたね。
個人相手に商売をしている方は、
一度法人への販売もできないか検討してみることは大切ですね。
やはり法人と個人では売上金額がかなり違ってきます。
そしてもう一つ見逃してはいけない点は、
個人相手の商売をしている人で
法人を対象にしようと行動する人は極めて少数です。

「法人相手でこんな方法があるのだ」
と知ったことがありますのでご紹介します。

商品を売る場合の集金方法は現金、
代引き、クレジット、小切手、掛け売り等々です。
しかし法人相手で大変喜ばれるだろうな
と思う支払い方がありました。
それは商品券や切手などです。
私が通販会社の商品を買っているときに見つけたものです。

商品券や切手は現金ではないので
額面通りにもらっていませんでした。
それぞれのレートがありますので
そのレートでの換算で行なっていました。

ただ、大事なことはこの作業をやるには
「古物商許可」が必要だと思います。
従って「古物商許可」を取るという参入障壁が出来ます。
この方法は私が試したものではなく、
良い方法だと感じたので紹介させていただきました。

上記の件について、私は専門家ではないので、
ご自分でよく調べて、自己責任で行ってください。

他のおすすめ記事
169_現金回収
113_引越し屋の値段のつけ方
153_お客さんの年収を知る方法
154_損得心理
033_顧客の離脱を最小限にするには


前の記事
049_手書きDM

次の記事
051_お客様の声の使い方



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」