> > メールマガジンの反応率とDM

メールマガジンの反応率とDM

質問

新潟で100年以上キッチン関係の商品を販売しています。
もう7年以上、メールマガジンを使って集客をしてきたのですが、
ここ数年ものすごい勢いで反応率が落ちています。

実際には4%・5%あった反応率が、
今では0.1%をはるかに切った0.02%まで落ち込んでいます。
ここまで落ち込むとメールマガジンを出す気力もなくなり、
やめようかと考えています。

そこで今回はメールマガジンをやめて、DMに変更しようと考えました。
そこでこの判断についてご意見を頂ければと思いメールしました。

回答

そうですね、確かに大変な反応率ダウンですね。
私の周りでも同じ声を沢山聴きます。
また廃業された方、行方が分からなくなってしまった方もいます。
しかし、これをチャンスと見て売り上げを上げている方が
何人もいますので、安心してください。

まず本題の反応率についてですが、
私は皆さんと違った見方をしています。
それは今のメールマガジンの反応率が悪くなったのではなく、
適正値に近づいてきたのではないかということです。
DMでもFAXDMでも楽天でもヤフーショッピングでも、
初めは信じられないような反応率が出ていました。

こんな内容のDMでもいいのかな、
と思うようなものでもそうでしたし、
楽天やヤフーショッピングでは極端な話、
商品を掲載すれば売れてしまうという時期もありました。

しかし、その媒体(DM,FAXDM、楽天、ヤフーショッピングなど)
がだんだん世の中に知れ渡り、たくさんの人に浸透してくると、
どんどん反応率は悪くなっていきます。

知る人が増えて、その媒体に参加する人が増えれば
競争が激しくなり、反応率が落ち、利益率も下がってきます。

このようなことを考えると、メールマガジンの反応率が
以前は3%あった、4%あったのに今は0.1%なった、
0.02%になったといっても、それは成熟して適正値になったと
考えるのが普通ではないかと思います。

ここで、メールマガジンの反応率が昔に比べ
極端に悪くなったからといって、やめてしまうのではなく、
メールマガジンをやめる人が増えているので、
反対にチャンスだと考えるほうが良いのではないかと思います。

ただ、そうはいっても、現状の反応率では
商売が難しいよと思うのであれば、
やはり一度でも接触のあった人にメルマガではなく、
ダイレクトメールあるいはニュースレターを
送り続けることによって、ライバルに差をつけていくことができます。

メールマガジンで集めた名簿は、メールマガジンで
送らなければならないということではありません。
名簿は名簿ですので、媒体を変えてそれぞれの媒体に
反応する人を集めていくことが得策かと思います。

他のおすすめ記事
120_チラシかポスティングかDMか
168_イメージ広告とは
174_DMとFAXDMを使い分ける
091_媒体について考える
131_DMとスマートフォン


前の記事
100_DMの反応率が落ちてきた

次の記事
102_発送代行の意外な使い方



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」