> > 媒体について考える

媒体について考える

質問

レンタルスペースを提供している会社を経営しています。
この業界はお客様を見つけることが大変難しい業界です。
そのため新規顧客コストをいかに下げるかが問題になっています。
一度利用いただけると当社の場合は
リピートがかなりの確率でありますので、
他店に比べ有利な状態です。

現在は新規顧客を見つけるための
ホームページや既存客へのDMをうっています。
これからのために他の媒体もいろいろ考えています。
どんな媒体があるのか、あるいはどんな媒体を
選べばよいのか教えて下さい。

回答

そうですね。人により反応する媒体は様々です。
より効率的な媒体を選ぶことも必要です。
しかし、エリアが決まっているような業種の場合は、
費用対効果が多少落ちても、
より多くの顧客を得ることが大事になります。
もし、その媒体を使用せずに売り上げを逃すと、
そのお客さんはライバルのところへいってしまいます。
その意味でも、媒体をたくさん持つことは必要です。

まずどんな媒体があるか考えてみます。

■ネット系
ホームページ
PPC広告
(yahoo/googleでの検索連動型広告
・コンテンツ連動型広告)
メルマガ
ブログ
メール
モバイル
スマートフォン
バナー広告
ツィッター
フェイスブック
ネット動画広告
ネットテレビ広告
その他

■リアル媒体
新聞
雑誌
テレビ
ラジオ
ダイレクトメール
ニュースレター
(ニュースレターの内容は
http://www.nlh.jpで確かめてください)
FAXDM
チラシ
看板
ポスター
カタログ
その他

特徴としては、ネット関係の一軒当たりの
新規顧客単価は低く、リアル媒体からの
新規顧客獲得単価は高くなります。

それぞれの媒体には、
男女別、年齢別、環境別、業種、理系文系、収入や環境等、
得意な分野、あるいはオールマイティーな分野があります。
これは自社の業種業態、その会社のキャラクター、
既存顧客の属性などを中心に考え実験するとよいでしょう。

お客さんは情報をインターネットで
とりたい人が急激に増えています。
理由としては、自分の住所、名前、電話番号、
メールアドレスなどを
知られずに情報だけがほしいからです。

そして情報がえられ、買うものが絞られたら、
その価格や条件を比較して選びます。
このような場合にはその人が知りたい情報を
しっかりと与えて、その所品・サービスを選ぶときには、
このようなことに注意するとよいことを教え、
判断基準を作ってもらい自社をその選ぶ会社の
候補に入れてもらう戦略がとても有効です。

この戦略はホームページにも、ダイレクトメールや
ニュースレター、チラシ、資料、その他にも
どんどん取り入れて、他店どの差別化をどんどんしてください。

他のおすすめ記事
112_太平洋ベルト地帯の反応率
087_DMとネットの連携 01
023_DMとホームページの反響率
131_DMとスマートフォン
138_口コミをおこす


前の記事
090_DMとネットの連携 04

次の記事
092_クリーニング店のDM



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」