> > 面白いDMを作りたい

面白いDMを作りたい

質問

会社で出展する手芸用品展示会のDMを、
毎回お客様に送付しているのですが、
今までにない面白いDMを考えるように言われました。
これまでは社内で作成した展示会案内を
A4両面カラーにして、ほかのチラシと一緒に
茶封筒に入れて送付していました。
送付先は一般顧客と取引先です。
このダイレクトメールの目的は、売込みが主では
ありませんが多少売れることは期待しています。
一番重要なことはお客様との関係を強化するためのものです。
費用的には今以上の支出はできません。
また人員も私一人で行っています。
お知恵をお貸しください。

回答

今までにない面白いDMという事ですが、このような場合、
お客様にもっと親近感を持っていただくということも
大事だと思います。

自分に関係ある事、あるいは自分のことに興味を持ちます。
そこで、お客様の許可を得て、お客様の作品を
毎回掲載することは効果大です。
しかし個人情報の点で配慮が必要ですので
よく検討してから行ってください。
お客様情報を掲載する場合、お客様自身の写真、お宅、
作品など写真1点だけでなく、大々的に記載してください。
本人を特別扱いすることがコツになります。
本人コメント、インタビューなどが掲載することも
本人の満足度を上げます。

会社のスタッフや現場の裏方の人などの声や写真も
親近感を与え購読率を上げます。

封筒に関しては、茶封筒も他にないので良いと思いますが、
封筒の大きさは横長の長3封筒ではなくA4が入る大きさのA4
あるいは角2封筒の反応率が良いことは当社で実験済みです。
その場合は透明の封筒で送ることをお勧めします。

御社のチラシを入れるのもよいと思いますが、
これでは売込みが見え見えになる場合があります。
商品を1つに絞り、お客さんの得になる情報を
おりまぜることがコツです。
機能紹介はなるべく避け、その商品を使うと
こんなことが出来たとか、このような結果になった
などの内容がお客様の意識を引きます。

他のおすすめ記事
160_強みを考える
172_起業3か月のDMと3年目のDM
057_お客さんの感動と共感をよぶコツ
124_読まれるDMと捨てられるDM
136_お客様を感動させる物語


前の記事
028_退会した会員へのDM作成法

次の記事
030_集客と営業はきっちり分ける



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」