> > シワ取りクリームのDM

シワ取りクリームのDM

質問

私は「シワ取りクリーム」の販売をネットと
FAXDMとDMで行っています。
当然のことながらライバルが多く、
新規顧客の獲得は大変厳しい状態です。

しかし、既存顧客のリピート率が高いので
経営が成り立っています。
当社の商品は使ってもらえれば満足のいく
結果になると思うのですが、手に取って
いただくまでが上手くいきません。

そこでこの商品の見せ方を工夫したいと思います。
特徴としては3か月使っていただくと
効果がほとんどの場合出ます。
初めの1か月でも効果は感じて頂けます。
このような商品ですが良い宣伝方法があれば教えてください。

回答

なるほど、化粧品関係ですね。
薬事法も厳しくなり、撤退する会社も多い現在
生き残って順調にいっているということは、
商品がよくなくては無理ですね。
おっしゃる通り効果に自信があっても、
薬事法の関係でそのものを言えないのは厳しいところです。
このような場合の対策を考えてみましょう。

まず、お客様に信用されて、思わず「へえー」
と唸らせる作戦でまずいきましょう。
これには薬事法の関係がありますので
その点は御社にて十分調査して進めてください。

結論から先に言います。
思わず「へえー」と唸らせるには、
あなたが専門家であることを
まず印象付けなくてはなりません。
そこで「へえー」を引き出す必要なポイントは5つあります。

1 権威者からの推薦や賞賛を頂くこと
2 読んだ人が「得」をすること
3 わかりやすい内容
4 明確な数字があり、その証拠があること
5 書いてある内容を知ると、他の人に「自慢」できること
などが必要になります。

これらは、「素材」「製法」「技術」「年月」「産地」
などからヒントを得るのが近道です。
その他にも御社独自のこだわりがあればそれを引き出してください。

その場合、
「1か月でなぜ効果が出るのか」
「3か月続けると、なぜはっきりとわかるのか」
この辺を突き詰めていってください。
その場合にお客さんがそれを理解するパターンは3つに絞られます。

1 商品に対する情熱
2 的確な数値
3 論理的な証拠

これらのことをお客さんが納得できる文面に仕上げることが必要です。

他のおすすめ記事
158_エステサロンの不安を解消する項目
149_バックエンド商品の条件は8つ
146_会社の理念
137_DMに書いてある「特典」の落とし穴
144_買うか買わないかを決める判断基準9つ


前の記事
095_居酒屋さんのDM

次の記事
097_酒造会社のDM



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」