> > ダイレクトメールは本当に到着しているのか?

ダイレクトメールは本当に到着しているのか?

質問

神奈川県で新築住宅を販売しています。
実はこの間、他の発送代行業者さんで住宅内覧会を
するのにDMを出したのですが、その内覧会が終わって、
DMを送ったお客さんから電話がありました。

「内覧会が終わってからダイレクトメールが届いても、・・・・・・」
という電話でした。

また以前、出したお客さんに何通も届いていない
との連絡を受けたこともあります。

メール便は本当に全部届いているのですか。

回答

メール便は現在、ヤマトのメール便と
佐川急便の郵メール便の2つが大きな勢力を持っています。

それぞれ特徴が違いますので、別々に話します。

ヤマトのメール便は、基本的に自社で配送しています。
発送代行業者にヤマトのメール便で依頼するときには
「ヒモツケ」という作業を依頼します。

これは、バーコードと住所を一つの宛名ラベルに
バーコード化してデータベースを作ります。

これを行うと、発送後追跡調査がリアルタイムで行えます。

今まだ発送物が投函されていないことなどがハッキリと分かります。

この場合は、宛名データを発送する代行業者に渡すので、
その業者が、プライバシ―マークを取得していると安全です。

またその業者が、情報漏洩時に保証できる
保険に加入しているとことも大事です。

ヤマトのメール便では追跡調査ができるのですが、
佐川急便の郵メール便では追跡調査ができないので、
届いているかどうかははっきりとは分かりません。

発送時に発送代行会社を使っている場合は、
発送伝票のコピーしてもらいましょう。

いろいろな理由をつけて発送伝票の
控えがもらえない会社の場合は避けた方が安全です。
見積もり段階で必ず確認をしておきましょう。

どうしても届いているかどうかを確認したい場合は
宅急便扱いなどで、配達先に証明(印鑑・サイン)を
もらえる方法で発送します。

他のおすすめ記事
147_DM発送代行業者への問題点
118_良いDM発送代行業者の選び方
031_DM発送代行業者(会社)の比較方法
001_DM(ダイレクトメール)を安く送る方法
009_DMの印刷から発送まで最安値で仕入れられる業者を教えて下さい


前の記事
018_DM発送前のチェックポイントは

次の記事
020_どのお客さんにDMを送れば一番効果的ですか?



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」