> > 良いDM発送代行業者の選び方

良いDM発送代行業者の選び方

質問

今回初めて、DM発送代行会社を使おうと考えています。
しかし不安があります。
ある会合でDM発送代行業者のことを
聞いたのですが、その方は
「全部発送されないことがあった」とか
「業者とのやり取りで時間がとられる」
「直接担当者がいないので同じ話を何度もした」
などその他にも、いろいろお話を聞きました。

しかし「DM配送業者をうまく使うとコストも下がり、
売上アップにつながる情報ももらえた」
と聞きました。そこで、DM発送業者で、
良い業者を選ぶ方法を教えてもらえないでしょうか。

回答

ありがとうございます。DM発送代行業者
のことは一般的には知られていません。
DM発送業者でよい業者を選ぶ方法は
全く分からないのは当たり前ですね。

この業界は、大量の発送物を短期間に
安く発送することが目的にされています。
したがって最低でも1万件以上、
できれば10万件以上の発送が好まれます。
しかし、そうした大量発送を
メインにしない業者もあります。
ここでは多くの方が利用する発送数3万通以下
に絞って、良いDM発送代行業者の見分け方の
一つを紹介します。

その答えは、DM発送代行会社の顧客リピート率です。
DMのリピートは、DMに成果を感じられれば
継続しますが、DMで成果が出なければ
出すのをやめる傾向があります。
したがって、リピートはDMに
効果を感じている人の値になります。

そのため、リピート率の高いDM発送代行会社は、
DMに効果を感じている顧客を
多く持っていることになります。
またDM発送代行会社の対応が悪い、
あるいは不正をしていることを感じることがあれば
リピートはしません。
従ってリピート率の高い会社が
良いということになります。

しかしここに大きな落とし穴があります。
具体的に言うと、リピート率が
90%以上あるいは売り上げの
95%以上がリピートの会社です。
このパターンの場合は新規顧客が少なく、
リピート客中心に仕事を回している確率が高くなります。

リピート客がほとんどの会社が
なぜ問題かというと、下請け中心の会社の
可能性が高くなるからです。
発送代行業界も、土木建設などと
同じように下請けの下請けの・・・
といった構造があります。

下請け会社の中にも良い会社はたくさんあります。
しかし、構造的に親会社からの仕事を中心に
進めていくので、問題が起こることもあります。

リピート率が50%以上70%以下の会社は、
自社でも集客をし、直接お客さんと
取引している会社が多いように感じられます。

リピート率の確認は、直接取引をしたい会社に
メールなどで証拠が残る形で
尋ねてみるとよいでしょう。

他のおすすめ記事
001_DM(ダイレクトメール)を安く送る方法
009_DMの印刷から発送まで最安値で仕入れられる業者を教えて下さい
031_DM発送代行業者(会社)の比較方法
147_DM発送代行業者への問題点
114_DM発送代行比較サイトの長所と短所


前の記事
117_DMの効果的な出し先

次の記事
119_急成長の落とし穴



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」