> > 4000円で年間40万円の顧客を3社集めた方法

4000円で年間40万円の顧客を3社集めた方法

質問

私はあるコンサルタント会社に12年務めて独立をしました。
現在はお客様0です。独立するときに、
元のコンサルタント会社の顧客と
取引禁止する覚書を書いています。
そのため、以前のコンサルタント会社で
作り上げた会社さんとは
取引をすることができません。

今は得意分野のISOとプライバシーマークの
取得コンサルを行っています。
しかし現状アポを取るのも難しく苦戦しています。
独立後の資金も乏しく、
大々的に広告や宣伝をすることができません。
なるべく小資本で新規顧客を取得する方法は
ないかご相談ねがいます。
ただ時間はあります。

回答

なるほどよくわかりました。
顧客0の状態が長く続くのは、大変なストレス
がかかりますので1人でも早く
顧客を見つけることが最重要ですね。
コストをかけずに確実に新規顧客を
獲得する方法を考えてみましょう。

まず条件を整理してみます。
●仕事はISO・プライバシーマークのコンサルタント
●現在自分1人
●事務所は自宅
●退職金を含め使えるお金は500万円
●月々の生活費が18万円
●時間はある
●全国に飛ぶことも可能

まずはプライバシーマークの更新の仕事を取ることを考えてみます。
プライバシーマークを取得している会社は、ホームページより
会社名や住所が分かります。そのためDMを出すことが可能です。
ただ普通にDMを出していても反応が取れませんので、
ここは一捻りしましょう。

まず、プライバシーマーク更新についてのお得情報、
他のプライバシーマーク取得会社との比較、
プライバシーマーク更新のための会社を選ぶ判断基準コンテンツ、
○○さん会社の強みを整理してください。

そして「プライバシーマーク取得の落とし穴」
というレポートを作成します。
そして、送り先の会社の社長ないしは、
プライバシーマークの担当者の名前を
調べるために、電話をします。

電話内容は「プライバシーマークを取得されている会社さんに、
「プライバシーマーク取得の落とし穴」というレポートを
配らせていただいているのですが、御社の担当者さんの
部署名と担当者の名前を教えて下さい」と言います。

断られたときには
「お手数をおかけしました。ありがとうございました。」
と言って電話を切ってください。
部署と担当者名を教えてくれた会社にはレポートを送ります。

その時には必ず手書きの封筒に手書きのあいさつ文を入れてください。
手書きのあいさつ文には、手書きを送る会社の事が特定できることや
個別に書いていることが分かる内容を数か所作入れてください。
手書きにすることは本当に手間がかかりますが、効果は絶大です。
特にこのDMが出せる会社さんは数が限られていますので
特にこの方法が有効です。

結果を頂きました。
手書きの封筒で50通を送り3社の成約に結びつきました。
1件当たりの顧客単価は年間40万円だそうです。
切手代80円で50通、約4000円でこの成果は大したものです。

他のおすすめ記事
171_コンサルタント料金のつけ方
079_儲かり続けいている会社の新規顧客獲得法
107_情報商材を年末に売る方法
148_予算が少ない場合のDM


前の記事
150_見積りは来るが販売に結び付かない理由

次の記事
152_私もやっているチラシで勉強



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」