> > 私もやっているチラシで勉強

私もやっているチラシで勉強

質問

私はコンサルタント会社で働いています。
いろいろな研修やセミナーに出ています。
いろいろな知識はつくのですが、
実際にチラシを作り、ダイレクトメールを
作り発送し、反応率を見てもよくありません。
今までに勉強してきたことが
何か役に立っていない気がします。

また実際に、仕事ではじめからチラシや
ダイレクトメールの作成にかかわる機会が
あまりません。
実戦経験が思ったように積めないので、
このままでは実力がなかなかつかないと感じています。

今の仕事を変わり、マーケティングの現場に
たくさんかかわれる会社への転職も考えたのですが、
いろいろな理由があり思いきれません。
そこで教えてほしいのですが、
実際の現場でのテストや方法などが
わかる良いセミナーや、勉強会などを
教えていただけないでしょうか?
サラリーマンなのであまり高額なセミナーには
出席できませんができるだけ努力します。
宜しくお願いします。

回答

その前向きな考えは素晴らしいですね。
チラシやダイレクトメールの勉強方法ですね。
難しい質問ですが考えてみます。
まず、お金をなるべくかけずに効果的に実力をつける方法。
そして、どこまでお金をかけられるのかが分かりませんので、
少しの投資で勉強できる方法を考えてみます。

私は通販会社関係の折り込み広告を集めています。
どうして通販関係の折り込み広告を集めだした
かというと、それには理由があります。
通販会社のチラシは、実に緻密な計算のもとに
テストを繰り返す実験場だからです。

会社スタッフやコンサルタントなどが
知恵を絞り出して作った血と汗の結晶です。
チラシの結果を分析して次回のチラシの一部分を変更します。
その結果、良かったところは残し
反応の悪い部分は変えていきます。
そのため通販会社が出すチラシを集め続けると、
チラシの変更点がわかります。

その変更点をまとめ続けると、チラシを出している
会社の考えていることがわかります。
例えば
「失敗したところ」
「成功したところ」
「大事にしていること」
「変えられないこと」
「作成者のレベル」
などたくさんのことが見えてきます。

この違いを追い続けると、
自分が作成をしていないにもかかわらず、
考え方の引き出しが増え、
作成レベルも自然と上がっていきます。

そして少しお金はかかりますが
通販会社の商品を買ってみることです。
通販会社はお試し商品や無料サンプル、
新規特別セールなど、次々とイベントを仕掛けてきます。
ここで一度お客さんになって買ってみてください。
その後にいろいろなダイレクトメールや連絡がきます。

このフォローをしっかりと記録してください。
初回請求から何日後に何が送られてきて、
その内容、あるいは同じ会社の同じ商品を
また別の人に成りすまして購入します。

一つは初回購入のみ、もう一つは2回目も購入し、
そのあとのフォローを見るのも勉強になります。
これこそが生の現場です。
いろいろ仮説を立てていくとレベルが
どんどん上がっていきます。
是非試してみてください。

他のおすすめ記事
183_一時中止にすべきDM
065_DMが上手になる勉強法01
180_社長が現場仕事ばかりをしていると
097_酒造会社のDM
048_バックエンド商品


前の記事
151_4000円で年間40万円の顧客を3社集めた方法

次の記事
153_お客さんの年収を知る方法



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」