> > 「ビニール封筒はやめて」と言われたら

「ビニール封筒はやめて」と言われたら

質問

東京でBtoB系のコンサルタントをしています。
当社でダイレクトメールを発送する際、
以前は紙製の封筒を使用してしましたが、
2年前よりは透明のビニール封筒を使用しています。

実は、お客さんから「紙の封筒を使って頂けませんか」
という要望が出てきました。
どうしてか聞いてみると、
「封筒と宛名ラベルを分けてゴミに
出さないといけないので、大変手間がかかる」
という事でした。
できれば透明フィルム封筒のままで発送したい
のですが良い方法はないでしょうか?

回答

BtoBではエコの問題もあり、
エコをうたっている会社では特に問題になっています。
透明封筒は燃えないゴミ、宛名ラベルは燃えるごみ
に分別されるところがあります。
答えから言います。解決方法は2つあります。

1 透明DM封筒に入れる一番上にくる紙に
  宛名ラベルを貼るスペースを初めから設けて、
  そこに宛名ラベルを貼ればOKです。
  当然ですが1枚目にくる印刷物は紙でないといけません。
  この方法の弱点は見栄えが少し悪くなります。

2 透明DM封筒の一番初めにくる紙に直接、
  宛名ラベルの内容を印刷してしまう方法です。
  これは差し込み印刷という方法を使うとできますが、手間は増えます。
  また発送代行業者に依頼すると別途料金が必要になります。
  また、宛名ラベルは貼らなくて済みますが、
  ヤマト運輸や佐川急便のバーコードシールはやはり貼らなければなりません。

現在当社でもこの方法が増えてきていますが、
どちらも少しコスト高になります。
ただ企業イメージを考えるならば
この価格差は小さいと考えることもできます。

また、この方法を使われるときには、
なぜこの方法にしたかを封入された紙の
一枚目の一番下に注釈として書いておくことをお勧めします。
書かないと分からない人がいることは事実です。

会社でECOをうたっているのであれば、
必要な作業になるのではないでしょうか。

他のおすすめ記事
021_紙封筒と透明ビニール封筒 反応率が良いのは?
080_DM開封率を上げる仕掛け
053_社会貢献と集客
010_DMの開封率を上げる方法
005_A4サイズ紙でハガキを


前の記事
021_紙封筒と透明ビニール封筒 反応率が良いのは?

次の記事
023_DMとホームページの反響率



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」