> > お客様の声の取り方

お客様の声の取り方

質問

ネジの製造販売をしています。
年々仕事の量が減り困っています。
新規のお客さんを取るために
DMを行っているのですが悪戦苦闘しています。
先日秋武さんの本を読み
「お客さんの声」を取りたいと考えました。
この声をニュースレターやチラシに
入れていこうと考えています。
ただお客さんがBtoBのため、
お客さんの声が集めにくく困っています。
お客さんの声をもらうためにコツ
などありましたら教えてください

回答

お客さんの声を取るときには、
BtoCとBtoBでは取り方、取りやすさが変わります。
特にBtoBの場合は基本的にお客さんの数が少なくなる場合が多く、
声を集めることが難しいのが現状です。

そこでお客さんの声を集めるに当たり準備をします。
それは自社のお客さんにとってメリットのある
オファー(特典)を考えレポートなり小冊子なりを作ります。
コストが多少かかります。
ですのでお客さまの声を集める場合の
一社当たりのコストを考えましょう。
一人当たりのライフタイムバリューを基本に考えてください。

確かにBtoBの場合であれば相当な金額になると思います。
しかし、一人当たりの新規顧客コストを少し考慮に入れてください。
ちなみに当社がアンケートとお客様の声を頂く時には
「ありがとう石鹸」という物を同梱しています。
これは、身障者施設で厚さ2cmの石鹸を作ってもらっています。
石鹸の真ん中に「ありがとう」の文字を入れています。
ちなみにこの石鹸を作るに当たり、作業所の人が、
かじったり投げたりすることがあるので
非常に歩留まりが悪くコストがかかります。
しかし、お客さんには喜ばれています。
このような物語を話すことが出来る品物がより反応率を上げます。

このお客さんの声は、
ホームページや小冊子、チラシ、ニュースレターなど
いろいろなものに使って下さい。
特に資料請求がある仕事の場合は、
そのお客さんの声をたくさん集めて
レポートや冊子にして同梱すると信頼感が上がります。

集めるには非常に時間がかかりますが、
その時間がいずれ差になりますので
頑張って集めてください。

他のおすすめ記事
052_説明が難しいDMについて
041_写真の使い方
039_カラー印刷で反応率アップ
126_印刷トラブル
051_お客様の声の使い方


前の記事
036_DMを発送する前に知っておきたい法則ベスト3

次の記事
038_透明封筒と挨拶状の効果的な使い方



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」