> > DMを見やすく・分かりやすくするには

DMを見やすく・分かりやすくするには

質問

当社は有料老人ホームの運営・管理をしています。
お問い合わせのあったお客さんにDM・資料を初めに送っています。

この資料について「分かりにくい」「見にくい」
などの声を頂きました。
大変貴重な意見を複数頂いたので、早急に対処したいと考えています。

資料は12枚あり「ごあいさつ」「概要」「老人ホームについて」
「当社の考え方」「詳細」「入居者の声」「選び方」「見学について」
「見学申込書」「料金形態」の封入物になります。
よい解決方法を教えてください。

回答

「分かりにくい」「見にくい」という意見は大きな問題です。
大至急取り組みが必要です。

「分かりにくい」については特に大問題で、
これは大きく「見学申し込み」の数を落とします。

この2つの問題は読む人の関心をそいでしまうからです。
私に「ダイレクトメールを見てください」と言われる方の半分程は、
この「何を言いたいのか」「何をしてほしいのか」
がわからないDMです。

実はこの分からないDMを作ってしまうのはある程度仕方ないことです。
なぜかというと、このDMを作る人はその商品・サービスについての プロで初心者ではないからです。

当然プロですから初めての人や初心者の気持ちに立つことは
基本的に不可能です。
この問題は、お客さんの声を聞くことが一番的確に分かります。

また簡単なやり方は、「教えてgoo」などを使い、
あなたが扱う商品名やサービス名あるいはキーワードなどを
入れて検索するといろいろな質問が表示されますので
目を通すとお客様の気持ちがよく分かります。

ダイレクトメールの構造上で見やすくする方法については
いくつかあります。
その中で今回、老人の方も対処にしていますので、
「文字の大きさ」「字間」「行間」「余白」について考えてみます。

まず文字の大きさですが、普通「10.5ポイント」
のフォントが使われますが思い切って「14ポイント」
にしてみてください。

またそれに伴い、文字の間隔と行の間隔を広げてください。
この2つが実は読みやすさに大きく影響してきます。

ある通販業者などはこの字間・文字間のテストを繰り返しています。
それだけ影響があるという事です。

また空白も無理に埋めようとはしないでください。
この空間を無理に埋めようとすると、意味のない文章を
書いてしまうことが多くなります。

そして紙の大きさをA4サイズに決める必要はなく
思い切って同じ文面のものをB4サイズ、
A3サイズにしてみるのも方法です。

他のおすすめ記事
008_DMに使うフォントは
026_効果あるDMを作成する方法
035_キャッチコピーの作り方
129_DMで一番重要な部分は
145_DMを書く時は誰に向かって書くか?


前の記事
013_DMの反応率は

次の記事
015_DMを出す会社の担当者の名前を知る方法



このエントリーをはてなブックマークに追加  
見積りフォームはこちらをクリック



このページの先頭へ

トップページへ

DM(ダイレクトメール)発送のコスト削減と発送作業の大幅な軽減「DM発送代行センター」